News:ニュース

アンタンテ フィットネスクラブ ホームページを一新いたしました – We have renewed our website.

投稿日時: 2023/01/06 投稿者:

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび、当クラブでは新たに情報を発信するホームページを一新いたしました。

これに伴い、ホームページアドレスを、下記の通り変更することとなりましたのでご案内申し上げます。

ジ・アンタンテ フィットネスクラブ 六甲アイランドにある会員制高級スポーツクラブ

今後も、より一層みなさまのお役に立てるよう取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

カテゴリー:Fitness Club

外国人は賃貸の連帯保証人が必要!外国人に適した保証会社の条件とは

投稿日時: 2022/12/10 投稿者:

外国人は賃貸の連帯保証人が必要!外国人に適した保証会社の条件とは
外国人が日本で賃貸住宅を借りるときに、ハードルとなりがちなのが連帯保証人の制度です。日本では多くの物件が連帯保証人を用意することが条件となっていますが、外国人では連帯保証人の条件に合う知人がおらず、審査落ちしてしまうケースが少なくありません。

保証会社を利用することで連帯保証人の代替とすることが可能ですが、保証会社選びにおいても外国人に適した会社を選ぶのがよいでしょう。この記事では外国人における連帯保証人制度の対応方法について紹介していきます。

なお、神戸で外国人の方が賃貸を借りるならジ・アンタンテ(The Entente)がおすすめ。保証会社を利用すれば連帯保証人の心配はなく、外国人向けのサービスも充実しているため、すでに多くの外国人が利用しています。神戸に居住する予定がある人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトから詳細を見てみてください。

賃貸の連帯保証人制度は日本独特な制度

賃貸住宅における連帯保証人制度は、海外の多くの国には存在しない日本独特の制度です。あらかじめ制度の概要を認識しておかないと、いざ賃貸会社や大家さんなどと交渉するときに戸惑ってしまうでしょう。まずは連帯保証人制度について紹介していきます。

連帯保証人制度とは

物件を人に貸していると、賃料の滞納や夜逃げ、居室内の破損などが大家さんにとってのリスクになります。ほとんどの物件ではそのようなトラブルが起きることはなく、また万が一居室内の破損などがおきてしまったとしても、基本的には住人自身が対処するのですが、日本ではリスクに備えて連帯保証人を設定する慣習があります。

連帯保証人は元の住人が何らかの理由で、賃料支払いや借りている物件の修繕・退去などの対応をできない、しない状態になってしまったときに、代わりに対応したり、代金を支払ったりする人のことです。多くの物件では、連帯保証人を用意しなければ賃貸契約が結べないルールになっています。

日本独特の制度なので外国人にはなじみがない

連帯保証人の制度は外国ではあまりみられず、日本独特の制度となっています。そのため外国人が初めて日本で賃貸住宅を借りるときには、制度の意味が解らずトラブルや賃貸契約を結ぶときの障害になります。

日本人においてはありふれた制度で、日本人が賃貸を借りる場合でも連帯保証人が必要な物件が多くみられます。そのため、外国人の対応に優れた賃貸会社でなければ、日本国内では一般化している連帯保証人制度について、丁寧に説明してもらえないケースも少なくありません。外国人が賃貸物件を日本で借りるときは、この制度についてしっかりと理解し、あらかじめ準備しておきましょう。

外国人が賃貸における連帯保証人を見つけるのは難しい

外国人が賃貸における連帯保証人を見つけるのは難しい
外国人が適切な連帯保証人を見つけるのが難しいという点も、外国人の賃貸契約を難しくする原因となっています。連帯保証人は次のような条件の人でなければいけないケースがほとんどです。

  1. 日本に永住している
  2. 日本での安定的な収入がある
  3. 契約者と親しい関係にある

3点目については審査において契約者と連帯保証人の関係を確認する場合、しない場合がありますが、いざという時に家賃支払いや退去手続きを代わりに行う人になるため、通常は肉親など関係の近い人でなければ受けてもらえないでしょう。

外国人の場合、日本にこの条件にすべて当てはまる人がいるケースは少なく、自分で連帯保証人を用意するのが難しいという問題があります。

多くの外国人は保証会社に保証を依頼

外国人の場合、連帯保証人の問題をクリアするために保証会社に保証を依頼するケースが多いです。ここからは保証会社の特徴や、保証会社を利用して物件を借りるときの留意点について紹介します。

保証会社とは?

保証会社とは、連帯保証人の代わりを果たしてくれるサービスで、契約者が賃料の滞納や夜逃げなどをひきおこしたときに、家賃の肩代わりなどをおこなってくれます。

サービスを提供するのは一般企業なので、18歳以上であれば申し込み可能ですが、保証を受けるためには保証料を支払わなければなりません。

なお、日本人でも保証会社を利用する賃貸契約者は少なくありません。肉親が近くに住んでいなかったり、高齢で保証人として適切でないというケースも多く、その場合は契約者本人や賃貸会社・大家さんの判断で保証会社に保証してもらいます。

保証料の相場

保証会社に支払う保証料は、契約締結時に支払う料金と、賃貸契約の更新時に支払う料金にわかれます。

  • 契約締結時に支払う料金:1か月の賃料の50~100%
  • 賃貸契約の更新時手数料:10,000円などの定額もしくは賃料の10~30%

このように賃料に比例して保証会社に支払う手数料も高くなるケースが多いので、賃貸物件を借りるときには、保証料も追加的なコストになることを理解したうえで、予算を組んだり物件を探したりしましょう。

保証会社による保証が賃貸審査において問題ないかは要確認

保証会社を連帯保証人の代わりとして良いかどうかは、大家さんや管理会社などが決められるものです。物件によっては、契約者と関係の深い連帯保証人しか受け付けていないケースも多いので注意しましょう。

また、通常は賃貸会社などと賃貸契約の手続きを進める中で、連帯保証人になる人がいないことを告げれば保証会社についても案内してもらえます。保証会社での契約が可能かは物件によって異なるので、まず賃貸会社に相談したうえで、保証に関する対応も進めるのがよいでしょう。

ちなみに、神戸の外国人向け高級賃貸マンション「ジ・アンタンテ(The Entente)」はもちろん保証会社による保証が可能。管理会社やコンシェルジュなども英語対応しているため、外国人でも安心して利用できます。神戸に居住する予定がある人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトから詳細を見てみてください。

外国人の賃貸に適した保証会社の条件

外国人の賃貸に適した保証会社の条件
保証会社とは、契約を結ぶときや、実際に保証してもらわなければならない事態が発生したときなどにコミュニケーションを取る可能性があります。そうしたときに円滑に対応できるよう、外国人に適した保証会社を選ぶのがよいでしょう。そこで、ここからは外国人に適した保証会社の特徴を紹介します。

外国語対応できることは必要条件

賃貸契約と同様に、保証契約にもしばしば難解な内容が含まれます。不慣れな日本語で理解するのは容易ではなく、契約内容がわからないまま保証契約を結ぶのはトラブルの元です。

母国語対応している保証会社があれば積極的に利用するのが最適ですが、もし母国語対応の会社がみつからない場合は、せめて英語対応している会社を利用してください。現代では外国人対応であることを明確に示している保証会社も多く、インターネットで見つけることが可能です。

外国人向けのサービスをおこなっているとさらに安心

保証会社によっては外国人専門の保証サービスを提供しているところもあります。外国人は言語だけでなく文化や慣習についても日本と異なるところが多いため、賃貸契約後にトラブルが発生することも少なくありません。

外国人向けの保証会社は、文化・慣習の違いなどもふまえて、契約時の丁寧な説明や、大家さんと契約者の間に入ってトラブルを回避してくれるなど、外国人向けに手厚いサービスを提供しています。外国人向けの保証会社を利用したほうが、さらに安心して日本での生活を楽しめるでしょう。

神戸に住むならTHE ENTENTE(ジ・アンタンテ)がおすすめ!

神戸にはジ・アンタンテ(The Entente)という外国人向けの高級賃貸マンションがあります。外国人向けということで、保証はもちろん保証会社利用が可能です。連帯保証人が身近に見つからない人でも安心して契約を進められます。

ジ・アンタンテ(The Entente)は広々としたリビング・キッチンや、ゲスト向けのベッドルーム、子供と別々のバスルームなど外国人が必要とする広さ・間取りとなっています。1人用、家族用などさまざまなサイズの区画を用意しているので、詳しくは、こちらから神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」の募集物件を見てみてください。

また、同物件ではVRでの内見にも対応しております。こちらでは1ベッドルームタイプのお部屋のVRです。まずは来日前に物件を見てみたいという人は、ぜひ利用してみてください。

また、ジ・アンタンテ(The Entente)では外国語対応のコンシェルジュがおり、管理会社ももちろん外国語対応です。さらに英語教育を行う保育園やプール付きのフィットネスジムも併設しているなど、外国人向けのサービスが充実しているのが魅力です。神戸に住むなら、ぜひ神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」での契約を検討してみましょう。

外国人賃貸の保証人問題は保証会社を有効活用して解決しよう

外国人が賃貸住宅を借りる場合、連帯保証人は頭の痛い問題となりがちです。そもそも制度を知らない人も多いうえ、知り合いに連帯保証人に適した人がおらず賃貸契約に進めない人が少なくありません。

そこで保証料を払って保証会社を利用するのが有効ですが、その時には外国人対応の保証会社を利用すればスムーズに手続きが進むでしょう。賃貸会社が適切な保証会社を紹介してくれる場合もあるので、まずは借りたい物件が保証会社可であるかを確認し、賃貸会社に相談するのも一案です。

神戸の外国人向け高級賃貸マンション「ジ・アンタンテ(The Entente)」は保証会社による保証で問題ありません。また、外国人に適した、広々とした間取りや充実したサービスが魅力的なので、神戸に居住する予定がある人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトから詳細を見てみてください。

カテゴリー:Column

外国人向けの賃貸住宅の特徴とは?アパート・マンションの見つけ方や住む上での注意点も紹介

投稿日時: 2022/12/05 投稿者:

外国人向けの賃貸住宅の特徴とは?アパート・マンションの見つけ方や住む上での注意点も紹介
外国人の方が日本に居住・長期滞在するうえでの賃貸住宅を探すときには、区画や施設管理の観点から外国人に適したアパート・マンションを探すようにしましょう。現在ではインターネットでも外国人向け物件を探すことが可能です。

また、連帯保証人制度など日本独自のルールやマナーを理解し、トラブルに巻き込まれないようにすることも大切です。この記事では外国人向け賃貸住宅の特徴や、借りるうえでの注意点などを紹介します。

目次

外国人向け賃貸住宅の特徴とは?

外国人向けに適した賃貸住宅の特徴として、広めの区画、標準装備の家具などがあげられます。また、フロント・管理が英語対応であることも重要です。

なお、神戸の「ジ・アンタンテ」は外国人に適した広めの間取りや英語にも対応した質の高いサービスが特徴です。神戸に居住する予定の人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトで詳細を見てみてください。

まずは、外国人に適したアパート、マンションなど賃貸住宅の特徴をみていきましょう。

間取りや設備の特徴

外国の多くの地域では、日本の都心部と比較して広めの間取り・区画が標準となっています。リビングルームは広々としていて、寝室は夫婦は一室の場合もあるものの、家族それぞれ独立した空間がしっかりと確保されていることが前提です。必然的に平均的な賃貸物件より専有面積の広い物件が選択肢となります。

バスルームを子供と共有しない家族が多いため、複数のバスルームが必要なケースも少なくありません。また、欧米人の場合は背格好が高いため、台所が高い物件が好まれます。

家具などのアプライアンスが標準装備

海外では家具など一般的な設備が標準装備となっているケースが多いです。不慣れな日本で家具を揃えるのは一苦労なので、その点でも家具・家電が標準装備された物件が適しています。

また、できれば母国語か、せめて英語で説明書きのある家具が付いた物件がよいでしょう。そうでない場合は、家電などを自分で簡単に操作できるか下見の際に確かめておくのがおすすめです。

フロントや管理会社が少なくとも英語対応

フロントや管理会社は、母国語対応であれば最善ですが、せめて英語対応している物件を選びましょう。世界各国の言語対応の物件はまだ少ないものの、英語対応の物件であれば増えてきていますので、特に都市部であれば見つけることは困難ではありません。

また、フロント(もしくはコンシェルジュ)によっては交通手段の手配や周辺の案内、外出中に届いた荷物の管理など幅広いサービスに対応してくれるところも。こうしたサービスが行き届いている物件であれば、日本での不慣れな生活も安心して送れるでしょう。

予算は日本の平均より高めに見ておく必要がある

ここまで紹介した間取り、設備やサービス内容を備えた物件は、日本ではハイランクな物件に相当します。探せば物件を見つけることは可能ですが、日本の平均的な賃料よりはかなり高くなることを想定しておきましょう。

例えば東京都心部の場合、ワンルームであれば月10万円前後、3LDKでも30~50万円程度見れば平均的な物件には居住可能ですが、ここまで紹介した条件を完全に満たす物件は、都心部では100万円を超える物件も珍しくありません。

予算と居住地を精査しながら、賃料が負担にならない物件を選ぶのが大切です。

神戸に住むならジ・アンタンテの外国人向け賃貸マンションがおすすめ!

神戸に住む予定の人は、外国人にも適したラグジュアリーマンション「ジ・アンタンテ」がおすすめです。

広々とした居住空間、英語対応の託児所・保育所やジム・プールもある充実の設備で、快適な日本生活が実現します。基本的な家具や家電は完備されているので、現地で家具・家電を調達する手間なくすぐに日常生活を始められます。物件の詳細を知りたい人は神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトへアクセスしてみてください。

現在募集している物件はこちらから確認できます。1人用、家族用などさまざまなサイズの区画を用意しています。こちらから神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」の募集物件を見てみてください。

同物件ではVRでの内見にも対応しています。海外に居ながらにして室内の様子を確認して、物件選びの参考にすることができます。例えばこちらは1ベッドルームタイプのお部屋のVRです。

外国人向けマンション・アパートの探し方

外国人向けマンション・アパートの探し方
現代では外国人向けの物件もインターネットで探すことができます。物件自体が外国人に適しているだけでなく、仲介会社や大家さん・管理会社などが外国人に対応していることも重要です。ここからは外国人向けマンション・アパートの探し方について紹介します。

外国人向け住宅はインターネットでも検索可能

今は多くの賃貸情報サイトにおいて外国人向けの賃貸住宅の検索ページを用意していたり、検索条件で外国人向けの物件を指定できたりします。英語や中国語など主要な外国語に対応したWebサイトも少なくありません。インターネットを活用すれば、日本に訪れる前に物件を選定しておくことができます。

外国人に協力的な賃貸仲介会社を利用

賃貸について相談する際には、外国人に協力的な賃貸会社を利用するようにしましょう。まず大前提として、母国語かせめて英語でコミュニケーションが取れる会社を利用する必要があります。

例え少々日本語が使えたとしても、重要事項の説明などを不慣れな言語で聞くのはリスクが高いので、無理に日本語で完結させようとしない方が良いでしょう。

また、賃貸を借りるときには、入居審査が行われています。日本人が住む場合は審査に引っかかるリスクが高くないため、賃貸仲介会社はあまり入居審査を意識して物件紹介しない可能性があります。

一方で外国人が住む場合には、物件によっては審査が厳しいケースも想定されます。外国人に協力的で、審査がスムーズに進む物件を積極的に探してくれる仲介会社を利用するようにしましょう。

管理会社や大家さんが英語対応していた方が望ましい

入居前後の手続きやトラブル時などに相談を寄せることになる管理会社や大家さんについても、英語対応している物件を選ぶようにしましょう。

彼らとは契約における重要な説明・確認やトラブル時の状況説明などを目的にコミュニケーションをとることが想定されます。言語が原因でトラブルを悪化させたり、賃貸契約に支障が出るリスクを避けたりするためには、自分が堪能な言語に対応した人が管理する物件を選ぶことが大切です。

その点、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」はあらゆるサービスにおいて英語対応しているため、外国人も安心して生活ができます。神戸に住む予定の人は、ぜひ検討してみてください。

外国人が日本の賃貸住宅に住むときの注意点

外国人が日本の賃貸住宅に住むときの注意点
外国人が日本で住む上では、賃貸契約やルールへの理解、そして日本独特の連帯保証人の制度についておさえておく必要があります。

重要事項やルールを念入りに理解する

日本の賃貸契約における重要事項は、日本人でも理解するのが大変な難解な部分もあるので、説明をよく聞き、また説明書や契約書をよく読んで、無理解や誤解のないようにしましょう。もし不明点があるときは必ず契約書にサインする前に確認してください。

外国人対応している仲介会社であれば英字の契約書や説明書も用意してあるケースがほとんどです。万が一日本語の書類を示されてしまって、内容がよくわからないときは、うやむやにせずに必ず英字の書類を希望してください。

基本的なルールを守る

共用部分の利用ルールやゴミ出しなどの基本的なルールをしっかり守りましょう。外国人向けの物件は、ジムや託児所、コンシェルジュなど設備が充実している高級物件も多くみられます。

設備が充実しているとそれぞれの利用時間や予約方法などルールも多くなりますので、他の住民とトラブルにならないよう、きちんとルールを理解して守りましょう。

騒音によるクレームに注意

日本でトラブルの元となりがちなのは騒音です。物件の質や隣人の考え方にもよりますが、外国と比較して閑静な住居環境を求める人が多く騒音トラブルに巻き込まれる外国人は少なくありません。

また外国と比較すると自宅でのホームパーティなどのイベントを実施する人が少なく、イベント時に避けられない騒音に寛容でないことなども原因の一つです。

防音性能の高い高品質な物件を選ぶとともに、日々の生活では大きな音を出さずに静かに過ごすように意識しましょう。また、あらかじめ隣人に挨拶などをすることによって、コミュニケーションを円滑にしておけば、トラブルの深刻化を予防できます。

連帯保証人への対策を早めにしておく

日本の賃貸物件を借りるには、ほとんどの場合に連帯保証人が必要です。連帯保証人は、もし借主が夜逃げしたり、賃料を滞納した時などに、肩代わりを求める相手を意味します。日本独特の商習慣なので、借りる直前になって戸惑う外国人も少なくありません。

個人を連帯保証人に指定する場合は、日本に永住していることが条件の一つになることが多く、外国人では適した知人がいないケースが多く想定されます。

そのため保証会社という連帯保証人の役割を担ってくれるサービスを利用することになりますが、物件によっては保証会社による保証を受け付けていないことがあるため、契約の際にはあらかじめ確認しましょう。

外国人に適した住宅を見つけて日本生活を楽しもう!

外国人の方向けの物件は大きめの間取りや家具・家電付き、管理人の英語対応などの特徴がみられます。インターネットなどで物件を探すことは可能ですが、賃料は高くなるため予算に余裕を持って探すようにしましょう。

また仲介会社や管理会社なども英語対応している先を利用するようにすれば、契約におけるトラブルや誤解を避けられます。住み始めたのちは、日本の賃貸のルールやマナーにも配慮しながら、快適な日本生活を楽しんでください。

神戸の「ジ・アンタンテ」は、まさに今回紹介したような外国人向けの特徴をしっかりと兼ね備えています。神戸に居住する予定の人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトで詳細を見てみてください。

カテゴリー:Column

外国人が日本で賃貸を借りるのはなぜ難しい?原因や審査・保証会社のポイントを紹介

投稿日時: 2022/12/05 投稿者:

外国人が日本で賃貸を借りるのはなぜ難しい?原因や審査・保証会社のポイントを紹介
外国人が日本で賃貸物件を借りようとすると、言語が伝わらなかったり、日本独自の制度があったりと、さまざまな困難に直面します。一方で現在では、外国人対応が可能な大家さんや賃貸会社も少なくないので、うまく活用するのがポイントです。

この記事は外国人がスムーズに日本で賃貸を借りるためのポイントを紹介していきます。

なお、神戸の「ジ・アンタンテ」は英語にも対応した質の高いサービスが特徴です。すでに多くの外国人が契約しているため、契約でトラブルになる心配も不要です。神戸に居住する予定がある人は、ぜひ神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトから詳細を見てみてください。

外国人が日本の賃貸を借りるのが難しい原因

外国人が日本の賃貸を借りるのが難しい原因
外国人が日本で賃貸物件を借りる時には、言語の問題や、日本独自の連帯保証制度、日本人が借りるときより入居審査が厳しいケースがあることなどがハードルとなり、契約を結ぶのが難しいと感じる人が少なくありません。

まずはこれらの原因について詳しく見ていきましょう。

言語がうまく伝わらない

契約を結ぶ時にコミュニケーションを取る賃貸会社や大家さんは通常日本人のため、言語の違いは大きなハードルとなります。自分のニーズや懸念点、疑問点などを不慣れな日本語で伝えるのは難しく、かといって相手は英語をよく理解できないケースも多いため、ミスコミュニケーションやトラブルの原因になるのです。

特に賃貸契約時には重要事項の説明など、日常会話と比較して難解な言葉を使うシーンも多いため、言語の違いは日常以上に大きなハードルとなります。

連帯保証人に対する理解がない

日本の賃貸契約では多くの場合、連帯保証人という制度を導入しています。連帯保証人とは、もし家賃を滞納したときや、夜逃げした場合などに肩代わりしてもらうための保証人のことで、連帯保証人を指定しないと契約を結べない物件が多く見られます。

連帯保証人は日本独自の制度のため、意味がわからず戸惑う外国人も少なくありません。また、連帯保証人はほとんどの場合、日本に永住していて安定収入がある人でなければならないため、知人に連帯保証人になれる人がおらず、契約に進めない外国人の方も多く見られます。

支払い能力や帰国に関する懸念を持たれがち

外国人というだけで、入居審査を厳しくする物件もあります。支払い能力を不安視されたり、家賃を滞納したまま突然帰国されるリスクを懸念されたりして、入居審査で落とされてしまうケースも少なくありません。

必ずしも外国人の支払い能力を公平に審査してくれる物件ばかりではないので、審査落ちする原因がわからず、戸惑ってしまう外国人もいます。

入居後のトラブルに対する不安

入居後に他の住人とトラブルになるのでは、と不安がられて契約を断られるケースもあります。実際のところ外国人は日本の文化やマナーがわからず、騒音やゴミ出しのルールなどが原因でトラブルとなるケースもあります。

トラブルを起こす外国人の方は、実際はごく一部に過ぎないのですが、外国人=トラブルが多いとの印象を持ち、賃貸契約を嫌がる大家さんもいます。

その点、神戸の「ジ・アンタンテ(The Entente)」は英語に完全対応しているため、契約はスムーズに進みます。すでに外国人が多く住んでいるので、もちろん審査が厳しくなるようなこともありません。神戸に居住する予定がある人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトで詳細を見てみてください。

外国人が賃貸の審査をスムーズに通す対策とは?

外国人が賃貸の審査をスムーズに通す対策とは
外国人が賃貸契約をスムーズに結ぶためには、外国人に対応した賃貸会社や大家さんと交渉することが大切です。また、連帯保証人については保証会社を活用すれば解決できます。

もちろん自分なりに重要事項やルールをしっかり理解する努力も忘れてはいけません。ここからは外国人が賃貸審査をスムーズに通すためのポイントを紹介していきます。

英語可能な賃貸会社や大家さんを選ぶ

重要説明事項や賃貸におけるルールの確認など、賃貸契約においては日常会話より難しい言葉を使います。不慣れな日本語で完璧なコミュニケーションを取るのは容易ではないので、英語に堪能な賃貸会社や大家さんを選ぶのが賢明です。

現在では、インターネットで英語対応・外国人対応可能な物件や賃貸会社を検索することができます。また、外国人対応している賃貸会社であれば、英語堪能な大家さんが管理する物件を認識しているはずなので、より円滑にコミュニケーションが取れる大家さんを紹介してもらえるでしょう。

自分の可能な限り日本語を習得しておく

日本に住む以上、日本語を可能な範囲で習得しておくに越したことはありません。重要事項の説明など難しいところは英語でコミュニケーションせざるを得なくとも、挨拶や日常会話などを日本語で対応できた方が、賃貸会社や大家さんからの印象もアップします。

日本語を少しでも習得しておいた方が、円滑にコミュニケーションを取れるようになるのは間違いありません。また、賃貸に入居した後も、近隣の住民と日本語で簡単なコミュニケーションをとれた方が良好な関係を築くことができ、トラブルの予防にもなるでしょう。

連帯保証人は保証会社の利用を試みる

連帯保証人が見つからないことに対する解決策としては、保証会社を利用するのが有効です。保証会社は、一定の保証料の代わりにいざという時に家賃の支払いなどを保証してくれるサービスで、連帯保証人の代替となるものです。

物件によっては連帯保証人による保証しか受け付けていない場合もあるので、保証会社を活用する場合は、保証会社利用を許容している物件を探しましょう。

重要説明事項やルールをしっかりと理解しておく

重要説明事項や賃貸に関するルールは、母国語で説明を受けても容易に理解できるものではありません。日本独特のルールもあるので、しっかりと理解しておく必要があります。

もしわからないところがある場合には、必ず契約前に確認して、あとでトラブルにならないよう注意しましょう。

外国人向けの賃貸物件を探す

都市部を中心に外国人向けの賃貸物件があります。こうした物件は、家具・家電付きで、間取りも広めに設計されているなど、外国人が快適に生活できるよう配慮されています。もちろん大家さんや管理会社は英語対応していて、コミュニケーション上の心配もありません。

現代ではインターネットで外国人向けの賃貸物件を検索できるので、都市部に住む予定の人はぜひ探してみましょう。

神戸に住むならジ・アンタンテがおすすめ!

神戸にはジ・アンタンテ(The Entente)という外国人向けの高級賃貸マンションがあります。外国人でも快適な間取りや、充実したサービスなど、不慣れな日本でも安心して快適に生活できるでしょう。神戸に居住する予定がある人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトから詳細を見てみてください。

ここからはジ・アンタンテ(The Entente)の魅力を少しだけ紹介します。

外国人でも快適な間取り

外国人の方は、広々としたリビング・キッチンや、ゲスト向けのベッドルーム、子供と別々のバスルームなど、日本の一般的な賃貸と比較して広めの区画・間取りを求めるケースが多いです。

ジ・アンタンテ(The Entente)はこのような外国人のニーズにマッチした区画を多数用意しています。1人用、家族用などさまざまなサイズの区画を用意しているので、詳しくは、こちらから神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」の募集物件を見てみてください。

また、同物件ではVRでの内見にも対応しております。例えばこちらは、1ベッドルームタイプのお部屋のVRです。来日して下見をする予定がつきにくい人は、まずVRで物件の雰囲気を掴むのも良いでしょう。

安心して暮らせる設備・サービス

ジ・アンタンテ(The Entente)は外国語対応のコンシェルジュがおり、宅配やランドリー、公共交通機関をはじめとしたさまざまな情報提供など充実したサービスを提供しています。

また、施設内には英語教育を行う保育園もあり、幼い子供がいても安心。プール付きのフィットネスジムも併設しているなど、充実した設備やサービスが魅力のマンションです。神戸に居住する予定がある人は、神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」公式サイトからさらに詳細を見てみてください。

外国人によくあるトラブル・注意点をふまえて早めに準備しておこう

外国人によくあるトラブル・注意点をふまえて早めに準備しておこう
外国人が日本で賃貸を借りようとすると、言語や文化の違い、日本独特の連帯保証人制度などがハードルとなって、契約締結に苦労する人も少なくありません。契約締結が難しくなる原因を理解した上で、あらかじめ準備を進めておくことが大切です。

また、外国人に理解のある賃貸会社や大家さんであれば、スムーズに契約が進む可能性が高いので、積極的に活用しましょう。

神戸の高級賃貸「ジ・アンタンテ」は外国人に適した間取りや充実したサービスを提供しています。神戸に居住することを検討している人は、ぜひ一度物件の詳細やサービスを確認してみてください。

カテゴリー:Column

THE ENTENTE Welcome Tea Ceremony, May, 2017

投稿日時: 2017/05/13 投稿者:

茶会20170513

本日、今回で 28回目になるお茶会を開催しました。午前中の天気は雨でおもわしくなかったのですが、午後から雨もやみ、お茶会にとってはひと安心。楽しい会を開催することができました。

We had a Tea Ceremony in our tea room on the 3rd floor. It is our regular event which is held twice a year, and it’s our 28th ceremony. The weather became fine this afternoon after the heavy rain in this morning. That was good.

カテゴリー:Front Reception

Winter Potluck Party 2016

投稿日時: 2016/12/12 投稿者:

We had a wonderful Winter Potluck Party at the ENTENTE sofa lounge with Residents yesterday. This is one of our annual event. We enjoyed lots of international foods, drinks, and sweets together. Also MOCHI Pounding event was a fun!! Wish you all a very merry Christmas and a Happy New Year 2017!!

昨日は恒例の冬のポットラックパーティ。ジ・アンタンテの入居者の皆様とたくさんの国際色豊かな食べ物、デザート、飲み物を一緒に楽しみました。また、外国人の方にはとてもユニークな「おもちつき」イベントも大歓声の中でみなさんと一緒においしいおもちをつけました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

みに

みに1

みに2

カテゴリー:Front Reception

Welcome Tea Ceremony 2016, Autumn

投稿日時: 2016/11/05 投稿者:

今日は新しい入居者をご招待しての秋のお茶会でした。
日本の文化に触れて頂き、楽しいひと時を過ごせました。

We had Tea Ceremony at our Tea House on the 3rd floor with residents, and enjoyed to touch Japanese traditional culture. Such a good experience!!

Webにのせる3

Webにのせる4

カテゴリー:Front Reception

Happy Halloween 2016

投稿日時: 2016/11/05 投稿者:

Webにのせる1

Webにのせる2

10月31日、今年も入居者のみなさんとハロウィンを楽しみました。ここでは Trick Or Treat も本場さながらです!

We enjoyed our Happy Halloween “Horror” Night!! (Oct 31)

カテゴリー:Front Reception

News Top

ARCHIVE